馬ラボ~Python AI競馬予想~

Python AIを使った競馬予想を無料公開

【中華スマホを遊びで1台】コスパ最高オススメAndroidまとめ エミュレータ機としても

みなさんはスマホはどこのブランドをお使いでしょうか。

日本のiPhone使用率は約5割で世界平均よりも大幅に高いのは有名な話ですよね。

私は仕事用でiPhone、個人用でAndroidを使用しています。

それぞれ一長一短。私なりにそれぞれの代表的なメリットを考えてみました。

 

iPhoneのメリット

  • 優秀なOS。動作が軽くて初心者でも感覚的に分かりやすい。
  • Appleという絶対的な安心感。アクセサリも含めてモノは確か。
  • 日本人の50%が使っている。アプリの信頼性・安全性が高い。

 

Androidのメリット

  • 色々なメーカーが販売しているのでそれぞれ個性がある。
  • アプリの総数がiOSの約1.5倍。個性的なアプリも多数。
  • 当然価格もピンキリ。超ハイスペックからローエンドまで選び放題。
  • SDカードが使えるので、クラウド容量など気にしなくて良い。

 

私のAndroidスマホはもともとエミュレータ用として使用していました。昔のゲーム機(DSやPS2など)からゲームデータを抜いてスマホでプレイできるというものです。

今ではiPhoneでも動くエミュレータはありますが、完成度はAndroidの方が高いそうです。

今回ご紹介するのはAndroidスマホたち、特にコスパに優れたローエンド~ミドルエンドスペックのものを集めてみました。

 

 

《試しに使ってみよう》ローエンドスペックAndroid

  • Xiaomi Redmi 9T

f:id:satoro_0721:20210610221823j:plain

Xiaomi (シャオミ)は中国のスマホメーカーで2021年上半期では世界3位のシェアです。

(1位Samsung、2位Apple)

価格は¥14070 (2021年6月現在)

最大4800万画素の背面カメラを含めて合計4個のカメラを搭載しています。

また6000mAhの大容量バッテリー搭載ですので頻繁に充電する必要もないでしょう。

Snapdragon 662というオクタコアCPUを搭載しており、入門用のサブスマホとしては十分ではないでしょうか。

本体・バッテリーに1年間の保証も付いていますので、初期不良などにも安心です。

 


 

 

  • OUKITEL C21

f:id:satoro_0721:20210610223921j:plain

こちらも中国ブランド、OUKITEL(オキテル)のSIMフリースマホです。

非常に低価格で、なおかつデザイン性の高いスマホを多く開発しているメーカーです。

価格は¥16900 (2021年6月現在)

そしてこちらも4眼カメラ、8コアCPUを搭載。加えてデュアルSIMモデルですので、2枚のSIMカードを使い分けることもできます。

保証は1年間。初期不良への対応も安心です。

 

 

 

f:id:satoro_0721:20210610225608j:plain

続いてOPPO(オッポ)、こちらも中国ブランドです。世界第4位のシェアを誇ります。(2021年上期)

価格は¥18090(2021年6月現在)

こちらはColorOSというOPPO独自のAndroidカスタムOSが搭載されており、通常のAndroidよりも細かい設定やカスタマイズ性に優れています。

当然オクタコア、4眼カメラ搭載。ディスプレイは有機ELですので、画質の高さは高評価のようですね。

 1年間の保証も付いていますので、初期不良などにも安心です。

 


 

 

 

《ゲームも快適》ミドルスペックAndroid

  • Xiaomi Redmi Note 10 Pro

f:id:satoro_0721:20210610231416j:plain

ロースペックでもRedmi 9Tというモデルを紹介したXiaomiですが、ミドルスペッククラスでもコスパは最高です。

最も目を引く点は《1億800万画素の眼カメラ》という売り文句。

Amazonのレビューを見てもかなり高評価。

またロースペック機種とはCPUも差があります。こちらはSnapdragon 732G搭載。ベンチマーク比較ではロースペック機(Snapdragon 662)よりも約30%の能力向上です。

価格は¥34800(2021年6月現在)

このくらいのスペックがあれば多くのゲームもサクサク動きますし、メイン機として使用しても十分ではないでしょうか。

 


 

 

f:id:satoro_0721:20210610232405j:plain

ミドルスペックになると日本メーカーも頑張っています。

SHARPAQUOS sense4という機種はお値段¥30510(2021年6月現在)

【最大1週間充電なしで電池が持つ】ことを売りにするほど大容量・省電力な機種です。

当然CPU性能もロースペック機種より数段上ですし、またお風呂防水や衝撃に強いことも日本メーカーらしいですよね。

安いスマホが良いけど中国メーカーはちょっと・・・という方には是非オススメです。

 


 

 

 

f:id:satoro_0721:20210610234020j:plain

SHARPを紹介したらこちらも紹介しなければいけませんね。SONY XPERIA 10 IIです。

価格は¥36870(2021年6月現在)です。

SONYらしいすっきりしたデザインに有機ELディスプレイ、当然IP65防水対応。

珍しい縦長なディスプレイですので、ネットサーフィンが多い方には使いやすいのではないでしょうか。

XPERIAの上位機種は10万円クラスでなかなか手が出ませんが、このあたりのミドルクラスであれば憧れのSONYを持つこともwオススメです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

最近はAhamoや楽天などの格安SIMもありますし、自宅だけならwifi専用機としても楽しめます。

ゲーム・カメラの性能も毎年向上していますし、その割にお値段は据え置きなのがAndroidスマホの楽しいところです。

みなさんもiPhoneだけではなくAndroidスマホ、格安スマホを使ってみませんか。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。 

この記事の他にも、パソコン関係ジャンク品やゲーム機レビュー、ハードオフ巡りなどの記事を投稿しています。

お時間があればぜひ他の記事もご覧ください。

それでは。